USボーカル教室 歌うまレシピコラム高い声も出せるようになる!ボイトレの基礎であるリップロールの効果とやり方

高い声も出せるようになる!ボイトレの基礎であるリップロールの効果とやり方

01

Pocket

ボイストレーニングの基礎ともいわれ、ポピュラーなトレーニング手法でもある「リップロール」をご存じでしょうか。リップロールは気軽に実践できるトレーニング方法でありながら、正しい発声を身につけるのにとても有効です。

そうしたことからプロの現場でも取り入れられているほど効果抜群のリップロールですが、初心者の方にもぜひ試していただきたいトレーニングとなっています。リップロールの効果を理解し、練習方法をマスターして、ボイストレーニングの一環として空き時間などに実践してみましょう。

リップロールとは?

「リップロール」とは、名前のとおり唇をロールさせる、つまり震わせるという動きをする、ボイストレーニング手法の一つです。唇を閉じた状態で空気を排出しようとすることで唇をブルブルと震わせるリップロールは、ボイストレーニングの基礎ともいわれるほどで、出したい声をきちんと出せるようになるためにとても重要視されています。

そんなリップロールは、正しい発声方法をマスターする練習方法として認められているほか、リップロールは効率のよいウォーミングアップとしてプロの現場で取り入れられることも多いです。気軽に行いやすい動きでありながら、さまざまな効果を得られるリップロールについて、具体的にみていきましょう。

リップロールの効果

リップロールの最も大切なトレーニング効果は、吐く息の量や強さを一定に保つ訓練ができることです。吐く息をコントロールできないと、歌っている途中で息が続かなくなってしまいます。

つまり、肺圧を最適化し吐く息の量を一定に保って唇を振動させるリップロールの練習で、そのコントロールを可能にするというわけです。同時に、リップロールでは腹式呼吸により横隔膜を使いますから、横隔膜が鍛えられてなめらかに空気を排出できるようになります。

もう一つ、表情筋や声帯などのリラックス効果も大きなポイントです。声を出そうとするとき、表情筋や口のまわりはどうしても力みがちになりますし、声帯にも力が入ります。

しかし、表情筋や声帯、唇などが緊張してしまうと、声が震えたり裏返ったり、のどが疲れやすくなってしまいがちです。のびやかに発声するためには、表情筋や声帯の力を抜く必要があります。

リップロールは、そのように力んでしまいがちな表情筋や口のまわり、声帯などをほぐすのに効果的です。

02

リップロールのやり方

リップロールの基本的な方法は、以下を参考にしてください。

(1)水などで唇を湿らせる
(2)人差し指と中指で頬を少し持ち上げた状態で、唇を軽く閉じる
(3)息を吐いて唇をブルブルと振動させる

コツは、力まずリラックスすることと、吐く息の量を一定に保つこと。吐く息の量が多すぎると、リップロールが長続きしません。頬を指で持ち上げることで、リップロールがしやすくなります。

基本的なリップロールをマスターしたら、次はより実践的な練習に進みましょう。練習方法としては、以下のようなものがあります。段階を踏んでいくことによって、実際の歌唱に近いボイストレーニングになっていくでしょう。

・10秒、20秒、30秒……と時間を長くしてみる(吐く息の量をコントロールする練習)
・リップロールで音を出して音階練習をする(音程ごとの最適な呼吸圧を見つける練習)
・のどぼとけが上がらないように気をつけながらリップロールをする(余計な力を入れずのどを開いて発声する練習)
・リップロールで歌を歌う(呼吸圧を曲の流れや音程の変化に合わせていく練習)

リップロールができない場合

リップロールは、手軽でありながら効果の高いトレーニング方法ですが、最初のうちはなかなかうまく唇を震わせることができなかったり、できても長く続かないということもあるでしょう。リップロールができない原因としては、いくつかのものが考えられます。

その1つに、吐く息の量が多すぎるというケースがあります。前述のとおり、吐く息の量をコントロールして一定に保つことが重要ですので、一定量をまっすぐ細く出すように意識して実践してみましょう。唇が乾燥していたり固くなってしまっている場合も、唇は震えづらくなります。前項の手順でも記載したとおり、水などで唇を湿らせると、唇の滑りがよくなってやりやすくなります。

そのほかに考えられるものとしては、頬や口角が下がっているというケースもあります。そういう状態では唇を寄せづらく、回転のための力がうまく集中しないためです。頬や口角を手で少しもちあげたり、下唇を少しだけ前に出すようにしてみると、リップロールがしやすくなることに気づくでしょう。

また、小さい子どもはすぐにリップロールができても、大人になればなるほどなかなかできないという例もあるようです。その原因としては、口のまわりの筋肉が衰えてしまっているからというものが考えられます。リップロールには、唇、口角、頬といったように、口のまわりや表情筋などの筋肉を使います。こうした筋肉の力が衰えてしまうと、唇くらい…と思ってもうまく震わせられないこともあるのです。

そういう状況が考えられるようであれば、表情筋を鍛えるトレーニングを合わせて実践するといいでしょう。ただし、無理をしすぎると唇が腫れてしまうこともありますから、注意しましょう。

プロの指導を受けることも検討する

そうして練習してみてもどうしてもできない…。そんな場合は、ボイストレーニング教室(ボイトレ教室)の活用を検討してみるのも有効な選択肢です。ボイストレーニング教室では、プロの講師が知識と経験に基づいて、発声に関する技術をきちんと教えてくれます。

独学で行うトレーニングももちろん発声や歌唱力を鍛えるためには必要であり効果的なものですが、その過程では「ここのところはどうすればいいんだろう」「自分のこの状態はうまくできていると思っていいのだろうか」というふうに、判断に困ることもあるでしょう。

その点、プロの講師と一緒に練習する仲間のいるボイストレーニング教室では、何か困ったことがあっても周囲に相談しながら進めることができますし、最終的に正しい方法を教わることができます。リップロールは、ボイストレーニングの定番メニューともいえる重要なものですから、ボイストレーニング教室で習うこともあるでしょうし、質問することも可能になります。

とはいえボイストレーニング教室は有料で、安くない費用をトレーニングに投じることになります。「お金を払ってどこまで効果があるのだろうか」「教室はどんな雰囲気なんだろう」と不安に感じることもあるでしょう。そんな場合は、無料体験レッスンを受講してみましょう。入会前に実際のレッスンの雰囲気を体験することができます。

おわりに

呼吸は発声の重要なポイントです。どんなに歌がうまい方でも、きちんと呼吸ができなければ息切れしてしまいます。

呼吸のコントロールをマスターして正しい発声を可能にすることで、歌唱力を最大限に生かすことができるようになるでしょう。そのためにはボイストレーニングの継続が大切です。

リップロールは、発声の習得につながる効果の高いトレーニングでありながら、時間や場所を選ばずに続けやすい練習方法となっています。練習を続けていけば、実際に歌を歌う場面で声の出しやすさや歌いやすさを実感できるようになるでしょう。

Pocket

関連記事

USボーカル教室30分無料体験