USボーカル教室 歌うまレシピコラム誰でも簡単にきれいなファルセット(裏声)を出せるようになる5つのコツ

誰でも簡単にきれいなファルセット(裏声)を出せるようになる5つのコツ

01

Pocket

「高音のパートがあり、地声だけでは歌いきれない」「好きな歌があって歌いたいけれど、音が高くて歌えない」……そんな場面で使いたいのが「ファルセット(裏声)」です。裏声をきちんと使いこなすことができれば、幅広い音域を歌い上げることができ、曲のレパートリーがそれだけ広がります。

しかし、「裏声の出し方がわからない」「裏声を出そうとするとかすれてしまう」といった悩みをもっている方は少なくありません。そんな裏声は、コツをおさえれば誰でも簡単に出すことができるようになります。

ファルセット(裏声)とは?

改めておさらいしておくと、「ファルセット(裏声)」とは文字通り「裏返った声」で、息漏れが多くか細い声を指します。普通に話したり歌ったりするときの「地声(リアルボイス、チェストボイス)」に比べて細い声色であるものの、楽に高い声を出せるようになる技術です。

地声だけでは歌える音域に限りがあるという方でも、裏声をきちんと使いこなすことができればその音域を広げることができます。そうなれば歌える曲のレパートリーを増やすことができますし、表現の技法も増えていくことになるでしょう。

加えて、声のコントロール力を高めるためにも、裏声の習得は重要なポイントです。

裏声にはもう1種類、息漏れが少なく力強いものがあり、これを「ヘッドボイス」といいます。ヘッドボイスをマスターするためにも、ファルセットをきれいに出せるようになるのは大切です。

そのほか、楽に高い声を出す「ミックスボイス(ミドルボイス)」といった技術を使いこなすためにも、裏声の練習は不可欠といえるでしょう。

ファルセット(裏声)をうまく出せない理由

ファルセット(裏声)を出そうとしても、声をうまく裏返せない、声がかすれてしまうといったように、うまく出せないと感じていらっしゃる方は少なくありません。改善するためにも、声を出す仕組みを理解すると効果的です。

のどには、「声帯」という2枚のひだがあり、この声帯が閉じた状態でひだの間を息が通過することで声帯が振動して音が出ます。これが「声」です。

地声を出すときは、この声帯を閉じる筋肉がしっかり働いています。声帯全体を揺らすように声を出しており、そこで生まれる声は強く太く低いものです。

一方、裏声を出すときは、声帯を伸ばす筋肉が優位に働いており、声帯を閉じる力が弱まっています。その声帯は薄い状態になっており、その一部を揺らすようにして出す声は弱く細い声になるのです。

声を出すとき、声帯を閉じる筋肉が優位に働いていると、裏声は出しづらくなってしまいます。そうした筋肉の動きや声帯の震わせ方を意識しながら、声の出し方を練習していきましょう。

02

きれいなファルセット(裏声)を出せるようになる5つのコツ

リラックスする

発声する際、口の周りや声帯、表情筋に力が入っていると、声帯を閉じる筋肉が働いて声帯が強く閉まりやすくなります。まずは余計な力を抜いてリラックスしましょう。

ファルセットの“原型”をつかむ

口を「お」の形にして、「ホー」と声を出すようにしながらあくびをしてみてください。これが、裏声を出すときの“原型”です。声はそれほど出なくてもかまいませんので、まずは感覚を体験してみてください。

声帯を開くことを理解する

あくびでつかんだ感覚の延長で、声帯を開く感覚を身につけるとファルセットを出しやすくなります。声帯が開きやすい子音である「h」と母音「u」「o」を組み合わせて、「フー」「ホー」といった声を出す練習をしてみましょう。

吐く息の量を多めにする

息漏れが多いファルセットは、声帯が閉じる力が弱まっている状態で出やすくなります。発声時、吐く息の量を意図的に増やすことで、声帯が閉じる力を弱めることが可能です。

裏声を出す感覚を覚える

地声と裏声を連続して交互に出して、裏声に切り替わる瞬間の感覚を理解し、再現できるようにしましょう。

おわりに

「地声だけでも曲のレパートリーは十分ある」「歌える音域の曲を選ぶから裏声は必要ない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、地声だけで歌い続けるのはのどが疲れやすく、場合によってはのどを傷つけてしまうこともあります。

また、ファルセットの練習は、声帯の使い方を意識した声の出し方のコントロールを学ぶことでもあり、さまざまな歌唱テクニックをマスターするためにも不可欠とされる重要なポイントです。表現力をつけて歌唱を上達させたいと思うなら、裏声は必須のスキルといえます。

なお、もし自分だけで行うトレーニングに限界を感じたら、プロの指導を受けることを検討してみましょう。的確なアドバイスは上達への近道になりますよ!

Pocket

関連記事

USボーカル教室30分無料体験