なぜ?ボイストレーニング

why? Voice training

教室に通おう!その前に・・・知っておいて損はない!

なぜ、ボイストレーニング?

音楽 = 歌うことは、言葉にならない心のメッセージを表現するためにあるもの。
そして、より魅力的に、豊かに、心のメッセージの表現を伝えるために、歌の技術を磨く。それが、ボイストレーニングです。

歌う事、その必要性は、人間の表現欲求というところに関わりがあるように思われます。
音楽は、言葉にならない心の叫び(メッセージ)を表現するためにあるもの、ということができます。
また音楽には、心身の疲れを癒したり、心身の機能を活性化したり、生きる意欲を高めたり、人間の内に潜んでいる可能性を開花させたりする働きがあります。

カラオケはいい?

誰もが歌い、楽しんでいるカラオケは、皆さん大変上手な方が多いです。

しかし初めてカラオケを歌ったときのことを思い出してもらえば、出だしが分からなくてなかなか伴奏と合わなかったり、リズムにのることが結構難しかったり、音程が合わなかったりと随分苦労もしながら練習を繰り返していたかと思います。
現在上手に歌っている人でも、新しい曲をレパートリーにするためには曲全体をよく覚える必要があり、同じ様な練習、ボイストレーニングが必要になります。

こうした練習をすることは脳の活性化、感情の活性化、身体の活性化に好影響をもたらします。カラオケを歌うことは、自分が演奏者になることであり、努力をして皆の前で上手に歌うことは大きな喜びや充実感が得られます。また、対人交流も充実するでしょう。

身体の効果

思いっきり歌うことは生理的快感、充実感、満足感をもたらすが、生理的快感、充実感こそ生きる喜びの源泉であり豊かな感情の根源であります。

人格形成の基底となるのは感情であるといわれています。
存分に歌うためには息を上手に使う必要があり、そのために腹筋や横隔膜を使うので、内臓も強くなります。
発声をすることは身体運動になります。全身運動といってもよいでしょう。

基本的なボイストレーニング法を身につけ、声を出すことで肺機能のトレーニングになり、拍子をとることで手足の運動にもなります。

心の効果

これらの効果は、ストレス社会での疲れを癒し、心の平衡を回復し、自信喪失を回復して心身の健康を増進させるものであります。これほど万人向きの心の健康維持増進法、老化防止はないとさえいえます。

心が健全化し、充実すれば病気にもならないでしょう。
カラオケの、体感音響振動が床から伝わり音楽にのってきます。

体感音響振動によってリズムにものりやすくなります。雰囲気やライブ感を盛り上げ、満足感を高めることができます。音楽の感動や陶酔感を深めて音楽健康法としての効果も倍加するといわれています。

派手にバーッと騒ぐことは心の憂さを晴らし、ストレスを発散させる方法として昔から皆がやってきたことでありますが、カラオケには、こうした効用があります。とりすました「教養」ではなかなか日常化した習慣として定着しないが「本音」であるカラオケはこれが容易であります。

カラオケを歌うのは楽しみとストレス発散と友達とのコミュニケーションなどが大きな理由と思われますが、これらは皆、音楽健康法として叶ったものであります。

ボイストレーニング、はじめませんか?

歌うこと = ボイストレーニングは、心だけでなく、身体の健康に直接役立ちます。

存分に歌うためには息を上手に使う必要があり、腹筋や横隔膜を使うので内臓も強くなります。

声を出すことで肺機能のトレーニングになります。
こうしたことをより効果的にするのと、声帯ポリープなどで咽を痛めないためにも正しい発声法を身につけることが望ましいでしょう。

正しいボイストレーニングを習得し、発声法を身につけることで、気持ちよく歌えるようになり、気持ちよく歌えるようになると、ストレスが軽減され、満足感や陶酔感が得られるようになります。
また、上手く歌うことで、自分に自信を持てるようになり、回りとのコミュニケーションのひとつの手段としても役に立つようになります。

USボーカル教室では、それぞれのレベルや状況、目的にあわせて、生徒さんと相談しながらカリキュラムを作成していますので、無理なく、楽しく、健康的に、上手く歌えるテクニックを身につけていけます。

まずは、お近くの教室の、30分無料体験レッスンで、楽しく歌えるちょっとしたボイストレーニングのコツを習ってみませんか?

電話での
お問い合わせ