USボーカル教室 歌うまレシピコラム音痴で悩んでいる人必見! 歌下手を改善するカラオケ練習グッズ5選

音痴で悩んでいる人必見! 歌下手を改善するカラオケ練習グッズ5選

01

Pocket

友達と遊んでいるときや会社の飲み会の二次会など、カラオケに行く機会は少なくありません。歌うのが好きな人にとっては、カラオケの場は楽しい時間ですよね。好きな歌を歌ったり、全員で盛り上がる歌を歌ったり、いろいろな楽しみ方があります。

一方で、自分は歌が下手だと思っている方、歌うことに苦手意識をもっている方、人前で歌うのが好きではないという方にとっては、別です。気乗りしないものの、その場の空気を壊さぬよう無理矢理合わせているという方もおられると思います。

しかし、練習すれば、そんな苦手意識を克服できるかもしれません。以下で、カラオケ練習グッズをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

音痴や歌下手は練習すれば改善する

歌うことが苦手だと感じている方、特に自分自身が音痴だと思っている方は、「音痴は治らない」「自分の歌の下手さは変わらない」と思っているのではないでしょうか。しかし、何もせずに諦めることありません。

歌をうまく歌えない原因にはさまざまな要因があります。なかでも、「発声がうまくできていない」「音程をとるのが苦手」といったものが非常に多いです。

そして、これらが原因であれば、練習を重ねることで上達する可能性が大いにあります。まずは、自宅で練習するところから始めてみましょう。

便利なカラオケ練習グッズ5選

ボイストレーニング器具 Be-Vo(ビーボ)

老舗カラオケ教室が長年のノウハウを生かして独自開発したグッズです。

これを両奥歯で噛むことによってあごが自然にあくびの形になり、理想の発声を可能にする「喉が開いた状態」となります。また、グッズを使うと筋肉を鍛えることにも繋つながるため、正しい発声方法をマスターすることができるでしょう。

呼吸筋トレーニング器具 POWERbreathe(パワーブリーズ)

腹筋、背筋、横隔膜を強化する呼吸筋トレーニング器具で、肺活量を鍛えることができます。

肺活量がないと息が続かず、ビブラートが短くなってしまいがちです。しかし、このグッズでトレーニングすることでそうしたところの改善が見込めます。使い方は、マウスピースを加えて腹式呼吸するだけと簡単です。

KORG(コルグ) チューナー/メトロノーム TM-50

チューナー機能とメトロノーム機能を同時に使用できるため、1台で音とリズムの両方をトレーニングすることができます。

また、入力した音に近い基準音をスピーカーで出力しながらメーターで誤差を示す「サウンド・バック機能」搭載です。正しい音程に近づける音感トレーニングにも最適の1台といえるでしょう。

UTAET(ウタエット)

大きい声を出すのに近所迷惑が気になるときに使ってみたいのが、こうした防音アイテムです。

メガホン状になっているグッズの広がっているほうを口に当てて歌うことで、測定音圧比が約70%減。周囲に音が漏れにくくなります。片耳イヤホンをつけることで、自分の歌っている声を聞きながら歌うことが可能です。

うるさくないカラOK! ミュートマイク2 Plus

スマートフォンのアプリや動画投稿サイトの音声を使ってカラオケ練習をするのに便利なグッズです。

マイクにミュート(防音)カップが装着されており、歌声の漏れを大幅にカットできます。別売りのイヤホンを使って自分の歌声を聞きながら歌えるほか、ミュートカップを取り外して汚れを洗うこともできるので非常に使い勝手がいいです。

セルフでの練習後はボイトレ教室でジャッジメントをしてもらうことが効果大!

今は便利なグッズも多く、一人でカラオケの練習もしやすくなっています。とはいえ、自分一人では、「きちんと声が出ているのか」「音程は正しくなっているだろうか」といった疑問や不安がつきまとうかもしれません。早く上達するために、正しい方法をきちんと学びたいと思う方もいるでしょう。

そういう場合は、ボイストレーニング教室の利用を検討してみましょう。基礎的な発声から歌唱まで、講師による指導を受けることができます。また、ご自身の発声方法が正しいかどうか、ジャッジしてもらえるのはとても効果的です。

また、個室レッスンやマンツーマンのレッスンを選べば、ほかの人に練習する声を聞かれることもありません。興味がある場合には、無料体験やワンコインの体験レッスンもあるので、ぜひ検討してみましょう。

おわりに

歌を歌うのが苦手だと思っている方にとっては、歌う機会は極力避けたいと思うものです。しかし、苦手意識を克服するためには、まずは自分で自分自身の歌声をきちんと聞き、具体的にどのようなポイントができていないのかを知る必要があります。

どこを改善するべきかわかれば、改善するための方法を調べることができるはずです。あとは練習あるのみ。苦手意識を減らして、人前で歌うことを楽しめるようになりましょう。

Pocket

関連記事

USボーカル教室30分無料体験